木地のこと少しお話します。

木地という聞きなれない言葉・・・塗り箸などの下地になる材料のことです。

当店のお箸は国産日本製)です。ここはどうしてもこだわりたいところ。しかし、木地はすべて国産の木材を使うことができません。

木地には塗り箸の場合は通常、マラス、カランパヤンといった洋材(南洋材)を使っています。原産国は主に東南アジア。大きな木材として輸入し、お箸の形にする作業や乾燥などはすべて日本国内でしています。洋材を使うのにはメリットもあります、例えばマラスはとても堅い木、カランパヤンは色白な木の肌なので加工がしやすいといった感じです。

銘木のお箸は桜や竹やなど。当店ではこちらの材料はほとんど国内でとれたものを木地として使用しています。竹は九州産。桜は東北、と日本各地から取り寄せて。桜は東北の山桜の木から作っています。とっても素敵な木地です!!

日本国内だけに頼るとどうしても資源に限りもあります。けれど、ひらの伊では竹や桜など日本らしい銘木、加工も竹や桜は木地の風合いを生かしシンプルに仕上げていますので、こちらの木地は特に国産にこだわっています。

もちろん、ほかの塗り箸も大きな木材として輸入した後は、すべて国内で加工しています。木地としてできあがったものに加工する作業はすべて若狭、若狭産です。

洋材には洋材のいいところを、日本の木材には日本らしいいいところを・・・これからもこだわっていきたいところです。

20180123_095747

カランパヤンの木地

木地は最初約27㎝あります

そこから加工していきます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。